オーディション概要

出版翻訳オーディション

オーディション課題一覧

オーディション評価と結果発表

e-bookオーディション

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

出題日 2018/02/28
締切日 2018/03/07
原題Science(ish): The Peculiar Science Behind the Movies
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者Rick Edwards,‎ Michael Brooks
ジャンル自然科学・技術工学・建築
ジャンル詳細数学・物理学・化学・宇宙科学・天文学・地球科学・地学・気象学・生物学・植物学・動物学・カオス理論・フラクタル・複雑系・その他自然科学
原書出版社Atlantic Books
出版形態紙書籍/ 電子書籍
募集内容上訳
内容イギリスの理系TVプレゼンターが、わかりやすい解説で人気の量子力学博士とタッグを組み、人気SF映画の設定を科学的に検証する。Matt Damonのように火星で生きるには? 人はウィルスでゾンビ化する? 「De Lorean」は理論的に可能? 恐竜や絶滅動物は生き返る? 生活がきつい火星旅行(『The Martian』)、ウィルス研究者の失態(『28 Days Later』)、相対性理論と時間旅行の矛盾(『Back to the Future』)、生物復活計画の功罪(『Jurassic Park』)……。初歩からわかるあっぱれな解説で、映画の世界が、科学者の挑戦(と問題行為)や私たちの今に結びついていく。他にも『Planet of the Apes』や『Alien』から『Interstellar』『Ex Machina』まで、新旧の名作10本に正面から切り込んだ、笑い満載、詳しい知識も満載の一冊。最先端の研究者も多数協力。

(※課題文翻訳の際、内容説明の中で使われている語や文を訳文に反映する必要はありません)
分量原書(本文)約260ページ/日本語仕上がり約466枚(1枚=400字)を1名で翻訳。
翻訳時期2018年3月下旬、翻訳開始。2018年6月下旬、翻訳終了予定。
訳者名表示あり。
支払形態買切り。翻訳料金は、出版社へ翻訳者として推薦する「翻訳者候補」に選出された方へ、出版社へご紹介する前に通知します。

第591回


オーディション結果

選定結果 フジサキ

こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る