オーディション概要

出版翻訳オーディション

オーディション課題一覧

オーディション評価と結果発表

e-bookオーディション

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

出題日 2018/03/30
締切日 2018/04/10
原題Canine Confidential: Why Dogs Do What They Do
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者Marc Bekoff
ジャンル趣味・スポーツ・娯楽・ゲーム・旅行
ジャンル詳細占い・ゲーム・ギャンブル・おもちゃ・カメラ・ペット・その他趣味
原書出版社The University of Chicago Press
出版形態紙書籍
募集内容上訳
内容犬に気配りし、愛情を注いでいても、犬の行動を真に理解している飼い主は少ない。なぜ尻尾を振るのかはよく知られているが、くさい場所を嗅ぎ、転がりまわるのはなぜなのか? 犬同士が口でものを引っ張り合うのは? おなかを見せ合うのは? シャイな犬もいれば、堂々とした犬がいるのは? 犬の頭と心の中では何が起こっているのだろう?

その答えが、本書にある。
科学者であり犬愛好家でもある著者が、近年爆発的な進展を遂げた、認識と感情の分野に関する最新科学に基づいて犬の行動を解き明かす。おしっこはマーキングだとは限らないし、草を食べるのは悪いものを吐き出すためとは限らないなど、既成概念を覆す新しい情報が満載だ。

本書の核となるのは、犬が持つ深い感情的側面をできるだけ豊かで充実したものにするべく努めよう、ということだ。さらに、それぞれの犬を「個体」として考えるべきで、「犬全体」について語るべきではないとも説く。

仕事を終えて帰宅したときに、犬に出迎えてもらうことほど心が温まるものはない。本書を読めば、犬との生活が最高に幸せで、健康で、価値のあるものになる。

(※課題文翻訳の際、内容説明の中で使われている語や文を訳文に反映する必要はありません)
分量原書約271ページ+カバー周り/日本語仕上がり約706枚(1枚=400字)を1名で翻訳
翻訳時期2018年4月中旬翻訳開始予定。 トランネットのチェックを経た全訳を2018年8月中旬に出版社に提出予定。
訳者名表示あり
支払形態買切り。翻訳料金は、出版社へ翻訳者として推薦する「翻訳者候補」に選出された方へ、出版社へご紹介する前に通知します。

第594回


こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る