ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

原題 My First Computer Coding Book with ScratchJr
著者 Rosie Dickins
分野 絵本・児童文学(ノンフィクション/プログラミング)
出版社 Usborne Publishing
出版日 2018/9/6
ISBN 978-1474943604
本文 従来型のパソコンに加え、タブレットコンピューターやスマートフォンが普及した現代。これからの時代の子どもたちには、言葉の読み書きのみならず、こうしたコンピューターを使いこなして自ら何かを生みだす力、すなわちコーディングのスキルが求められるようになるだろう。本書は、5~7歳の子どもを対象として作られたプログラミング言語「スクラッチジュニア(ScratchJr)」を利用し、自分でキャラクターを考えたり、絵を描いたり、簡単なゲームを作ったりしながら、コンピューターの仕組みを理解し、コーディングに必要な論理的思考を養うことができる画期的な絵本だ。

本書の冒頭、コンピューターやコーディングについてのページでは、ハードウェアとソフトウェアの定義など、コンピューターに苦手意識を持つ大人が読んでもわかりやすい。「スクラッチジュニア」はホームページから無料でダウンロードでき、タブレット用に使いやすく設計されているが、基本的には大人が手助けし見守る必要がある。親子で一緒に遊びながら学ぶのも楽しいコミュニケーションのひとときとなるだろう。

著者Rosie Dickinsは、8歳以上を対象とするプログラミング言語「スクラッチ(Scratch)」を使った、本書よりも少し大きい子向けのコーディングの本『コーディングフォービギナーズSCRATCH』(日経BP社、2018年)も書いており、好評を博している。