ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

原題 How to Talk to Children About Art
著者 Françoise Barbe-Gall
分野 美術/教育
出版社 Frances Lincoln
出版日 2018/4/26
ISBN 978-0711239302
本文 さまざまな芸術作品について、子どもと身近な言葉で語る方法を教えてくれる、大人のためのアートブック。ルネサンス期の宗教画から、カンディンスキーやピカソなど現代の作品に至るまで、世界各地の美術館所蔵の有名な作品30点をフルカラーで掲載。この一冊を眺めるだけでも十分にアートを楽しめる。

「この絵に描かれている人たちは誰?」「なんでこの色にしたんだろう?」「どうやって題材を決めたのかな?」など、子どもの疑問をわかりやすく解説し、シンプルな問いかけにこそ、絵画を深く味わう一歩が隠されているのだと教えてくれる。子どものアートに対する興味を育てる工夫に満ちており、大人にとっても学ぶことが多い。

子どもの年代ごとに関心を引くための工夫や話題について、冒頭で紹介するほか、それぞれの絵画について各年代の子どもが思いつきそうな疑問を挙げて、どう答えるのがいいか、例を解説。ディテールに注意を向けたり、さらなる疑問を促したりと、作品をじっくりと味わうよう導く方法が具体的に提示されている。これを読む大人にとっても、アートは小難しいものではなく、日常の言葉で身近な切り口から語れるものなのだと実感できる作りになっている。子どもと美術館を訪れる前に、何を話したらいいか、親や教師がインスピレーションを得るのに適している。