qwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmrtyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmrtyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmrtyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmrtyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmrtyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmrtyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmrtyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnmqwertyuiopasdfghjklzxcvbnm

 

 

ロンドンブックフェア2011

 

参加レポート

 

2011/04

 

近谷浩二

 

 


 

4月11日から三日間、ロンドンブックフェアに参加してまいりました。昨年はアイスランドの火山噴火の影響でキャンセルが続出したロンドンブックフェアでしたが、今年は例年の活気を取り戻していました。

 

 

London会場玄関.JPG  

(写真:初日の朝、ロンドン西部にある会場Earls Court Exhibition Centerの入口付近で)

 

 

 

直前には世界最大の児童書図書展ボローニャブックフェアが開催され、ここからはしごしてきている出版関係者も多くいました。ただ、今年は震災後の影響もあるのか、日本からの参加者は比較的少なかったような気がします。

__.JPG

(写真:会場の様子/DK社ブースの近く)

 

 

__.JPG

(写真:会場の様子/2Fのインターナショナル・ライツセンターから見た会場風景)

 

 

今回もイタリア、ドイツ、アメリカ、イギリスをはじめ、様々な国の出版社や著作権エージェントとミーティングを行いました。

__.JPG

(写真:イタリアATLANTICAのローザマリアさん)

 

 

 

AmazonCrossingは米国アマゾン社が立ち上げたインプリントです。世界の文学を英語に翻訳し、まずは英語圏での出版活動を始めました。トランネットが運営する日本の出版物を世界に紹介するジャパニーズライターズハウスにリクエストをいただき、現在契約が進んでいます。編集者のGabriella さんらとミーティングを行い、日本の出版事情についてもご説明しました。写真はAmazonCrossing主催のパーティーで撮ったもの。すでにドイツ、ロシア、ウクライナ、フランスの作品を英訳出版しています。このパーティー会場で各国の著作権エージェントに会うことができ、新たな取引も始まりました。

__.JPG

(写真:AmazonCrossing のパーティー会場にて)

ブックフェア会場は活気に満ちていましたが、世界的な出版不況の影響は徐々に様々な形で出てきています。以前より日本の出版関係者の参加者数が減ってきているのもそうですが、小社とも長い間取引があったイタリアのエージェントも今年いっぱいで事業をたたむことになり、少なからずショックを受けています。このエージェントとはこれまで様々な仕事をともにしてきました。先ごろアジアカップで日本を優勝に導いたザッケローニ監督の本「ザッケローニの哲学」も彼らの紹介によるものです。

ザッケローニの哲学

 

(写真:ザッケローニの哲学)

 

今回の大震災に関連し、脱原発のオピニオン本を用意してくれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、各関係者より、トランネットが展開する新プロジェクト、「e-book 絵本オーディション」についても興味を持っていただき、今後は受賞作品も含め、幅広いコンテンツを手掛けることが出来そうです。

 

__.JPG

(写真:HBG Productions & International Publishers Alliance のブースにて。将来、e-book絵本オーディション用に、受賞作品も紹介してもらえるかもしれません。)

 

なお、ここ数年、中国や韓国では翻訳出版が増える傾向にあるのに対し、日本の出版社は版権の買い控え傾向にあります。日本が国際競争力を保つためも、今後ますます海外からの情報を入手することは必要不可欠ですが、このままでは他国との情報格差が懸念されます。そこで、今後は出版社だけでなく、日本の大企業や個人向けにダイレクトで海外の最新図書のダイジェスト版を発行することも可能ではないかと考えています。

 

今回は小粒でもなかなか良いタイトルが入手できたと思いますし、楠葉さんの頑張りで素晴らしい絵本の情報も数多く入手できました。

 

ご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

 

以上