オーディション概要

出版翻訳オーディション

オーディション課題一覧

オーディション評価と結果発表

e-bookオーディション

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

出題日 2007/01/17
締切日 2007/01/24
原題“BANGALORE TIGER: How Indian Tech Upstart Wipro Is Rewriting the Rules of Global Competition”
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者by Steve Hamm
訳書名 インドの虎、世界を変える 超国籍企業 ウィプロの挑戦
ジャンルビジネス・経済
ジャンル詳細
原書出版社McGraw Hill
募集内容上訳(トライアル結果による)
内容インド企業・ウィプロが注目されている。
システム運用や統合のアウトソーシングのみならず、ソフト&ハードウェア製品開発でも力を発揮する同社は、徐々にグローバル企業に匹敵する力を身に付けている。世界のトップアウトソーシング企業ランクでは現在、第七位。

ウィプロは、ITアウトソーシング界のウォルマートと並び称される。多彩なサービス、どの国とも取引できる国際性、そしてなによりも安価なことが売りだ。

なぜウィプロなのか? ウィプロは、インドでは「偏見と恣意を排除した透明な経営をおこなう」先駆的な企業とされる。結果、社員の高いモチベーションと的確なマネジメント、多角化戦略を実現し、成長はコンスタントに続いている。
本書はウィプロを通じて、新興市場の新潮流とその全貌をジャーナリスティックに描いた一冊である。
(※説明中のキーワードは、実際の翻訳に役立てる必要はございません。)
分量日本語仕上がり約700枚(1枚=400字)を1名で翻訳。
翻訳時期2007年1月下旬~4月中旬
訳者名表示あり(トライアル結果による)
支払形態買切り

第307回


オーディション結果

入賞者 krinkle

こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る