トランネット会員とは トランネット会員とは

前のページへ戻る

会員規約 会員規約

トランネット会員とは (まだご覧になっていない方は、先に「トランネット会員とは」ページをご確認ください)

第1条(会社の名称)

会員とは、トランネット会員のことをいい、総称して会員とします。
会社の名称は株式会社トランネット(以下トランネット)です。

第2条(目的)

会員は会員各自の翻訳を通した自己実現を目的とします。
トランネットは会員に対し、出版翻訳オーディション(以下オーディション)やJob Shopを実施します。

第3条(活動)

会員は以下の活動を行います。

  1. トランネットの要綱にしたがい、開催中のオーディションやJob Shopに参加できます。
  2. トランネットが配信するメールマガジン「TranNet通信」を定期的に受け取ることができます。
  3. 実力のある会員には、トランネットから指名で翻訳関連業務を依頼することがあります。

第4条(運営)

会員組織の主たる運営はトランネットが行います。

第5条(規約の更新)

トランネットは、本規約を随時更新する可能性があります。その場合には、会員の利用条件には新たな本規約の内容が適用されます。
トランネットは、上記の更新を行う場合には、更新後の規約内容を会員に通知します。この通知は、Webサイト上での掲載または、トランネットが適切と判断する方法で行います。

第6条(入会および会員資格の取得)

入会希望者は、トランネットの目的、趣旨に賛同し、Web上で入会申し込みをするものとします。
また、第7条に定める年会費をトランネット所定の方法で支払うことを条件とします。

第7条(年会費)

会員は年会費(税込11,000円)をトランネット所定の方法で支払うものとします。

第8条(オーディションへの応募)

会員はオーディションへの応募にあたり、トランネット所定の応募料(税込3,300円)を支払うものとします。オーディション課題の訳文を登録した時点で、該当オーディションに応募したものとみなします。

第9条(会員資格の維持)

  1. 入会日から1年間を会員資格の有効期間とします。
  2. 会員資格有効期間満了の1カ月前までに、会員からトランネットに退会の届出がない場合、会員資格は自動的に継続されるものとします。
  3. 会員資格の継続にはトランネット所定の年会費を支払うものとします。

第10条(会員の権利行使の停止)

次の各項のいずれかに該当する行為が会員にあった場合、トランネットは会員の権利行使を停止することができます。

  1. 入会時あるいは更新時に年会費を1カ月以上滞納した場合。
  2. オーディション応募時に応募料を1カ月以上滞納した場合。
  3. 本規約に著しく違反する行為をした場合。
  4. トランネットの名誉・信用を著しく毀損した場合。
  5. トランネットの他の会員に著しく迷惑を及ぼす行為があった場合。
  6. その他、他の会員にマルチ商法の勧誘を行うなど、会員として不適切な行為を行った場合。

第11条(会員資格の譲渡)

会員は自己の会員資格を他人に譲渡したり、トランネットの会員サービスを受けさせることはできません。

第12条(免責事項)

トランネットは会員に対するサービスに付随して発生した事故・損害、および会員間のトラブルについて責任を負いません。

第13条(年会費・応募料およびこれらの変更)

  1. 年会費は11,000円、応募料は1回3,300円(いずれも税込)とします。
  2. 会員組織の維持・運営のため、また会員の利益のために上記料金を変更することがあります。
    その場合はWebサイト上での掲載または、トランネットが適切と判断する方法で速やかに通知します。

第14条(退会)

  1. 会員が、会員資格有効期間満了前に途中で退会する場合でも、入会金(2019年3月までに入会の場合)および年会費は返金されないものとします。
  2. 会員は、退会するときは、退会の意思をトランネットに速やかに通知するものとします。

第15条(ネットワーク通信と使用機器の設定)

トランネットは、会員にインターネット接続や使用機器の設定の指導は行いません。
あくまで、インターネットに接続でき、日本語の文書作成ソフトを備えている機器を使用できることを前提とします。

第16条(翻訳著作権の扱い)

翻訳著作権は、トランネットに帰属します。
通常、原文の著作権は原著者が有し、その翻訳文の著作権は、第二次著作権として翻訳者が有しますが、トランネットが翻訳のサポートを行うため、翻訳著作権(第二次著作権)はトランネットへ譲渡されるものとします。この著作権(第二次著作権)に付随して発生する副次的権利についても同様です。
ただし、訳文の内容、取り扱いについては、その都度、翻訳を担当した会員に報告します。

第17条(翻訳料金の支払い形態)

翻訳案件の紹介から翻訳文の作成、出版社への納品までをトランネットがサポートするため、出版社から支払われる翻訳料からコミッションを差し引いた額を、翻訳を担当した会員へ翻訳料として支払います。翻訳料金は、基本的に買い切りです。

第18条(日本語版の編集について)

出版社の編集方針および出版社と原著作権者の契約内容に基づく、原書の内容の一部削除、構成の変更、訳文への加筆修正等の可能性があります。

前のページへ戻る