トランネット会員とは トランネット会員とは

トランネット会員の翻訳ストーリー トランネット会員の翻訳ストーリー

弘瀬友稀(第645回オーディション入賞者)

第645回 オーディション 作品入賞

訳書名 『ケアリング・リーダーシップ』
訳書出版社 株式会社アルク


訳書名 『誠実な組織 信頼と推進力で満ちた場のつくり方』
訳書出版社 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン


翻訳ストーリー

 翻訳の仕事に憧れを抱いたもともとのきっかけは、13歳のときにあるロックバンドに出会ったことでした。あっという間に彼らの音楽に魅了され、感化された私は、ロックと英語の勉強にどハマり(!)していきました。そうして国内外のロックバンドを聴き漁るうちに、歌詞の翻訳という仕事があることを知り、将来の夢として掲げるようになりました。
 高校も大学も英語を専門に学びましたが、英語ではなく「翻訳」の勉強を始めたのは、新卒1年目の頃でした。それから独学で1年、翻訳学校で1年勉強したのち、翻訳学校で知り合った仲間たちとともに、有志の勉強会を開くようになりました。
 トランネットのトライアルに参加しはじめたのも、その仲間たちが背中を押してくれたおかげです。当時の私は「どうすれば、どれくらい実力がつけば、翻訳の仕事ができるのか」と悩んでいましたが、彼らが「実力は十分だと思う。まずはいっぱいトライアルを出してみて、名前を覚えてもらって、この人はこんな翻訳をするんだなと知ってもらうのがいいんじゃないか」と助言をくれたのです。
 そんなこんなで応募しはじめたトライアル。まさか3回目の挑戦で書籍を訳せることになるとは、夢にも思っていませんでした。ありがたいことに、その翌年にもお話をいただき、これまで計2冊のビジネス書を翻訳させていただきました。実際に書籍を翻訳してみて思ったのは、「まだまだ実力不足だな」ということです。たくさんの助言やサポートをしてくださったコーディネーターの方には、感謝してもしきれません。
 現在は会社員として務める傍ら、もともとの夢であった歌詞対訳を含め、音楽関連の翻訳などもさせていただいています。今後は(いつになるか分かりませんが)、もっともっと実力を磨き、これまでとはまったくジャンルの違う、小説やエッセイなどの翻訳にも挑戦してみたいです。

沢田陽子(第672回オーディション入賞者)

第672回 オーディション 作品入賞

訳書名 『世界の飼い猫と野生猫』
訳書出版社 株式会社エクスナレッジ


翻訳ストーリー

 大学を卒業後、外資系企業勤務を経て実務翻訳者として仕事をするようになって20年が過ぎました。その間にコロナ禍という大変な状況に見舞われ、やりたいことを先延ばししてはいけないと挑戦したのが出版翻訳でした。それまで実務翻訳者として仕事をしてきたとはいえ、出版翻訳は私にとって未知の世界。とても太刀打ちできないのではないかと思いましたが、やらずに諦めるわけにはいかないと、挑んでみることにしたのです。
 オーディションに応募する際には、実務翻訳同様に丁寧にリサーチを行い、事実を確認しましたが、それに加えて読者の皆さまに楽しんでいただけるようにということを意識しました。それが奏功したわけではないとは思いますが、訳者に選定していただき、そのご連絡をいただいたときは、ただただ驚くばかりでした。実際の翻訳作業では担当の方から貴重なアドバイスを頂戴し、新たな気づきを得ることができました。無事に出版された本を初めて手にし、自分の名前を目にしたときには、これまで経験したことのない達成感を覚えましたが、家族や友人に喜んでもらえたことは望外の喜びでした。
 こうして夢が1つ叶いましたが、ようやく出版翻訳という世界の入り口に立ったにすぎません。いつかはイギリス関連の書籍を翻訳してみたいという夢もできました。40代でイギリスの大学院に留学した際、大変な人気を博し、後に映画化もされたドラマ『ダウントン・アビー』の世界にすっかりハマってしまい、当時の階級社会に興味を惹かれました。20世紀初頭の貴族と使用人の暮らしぶりが丁寧に描かれ、撮影が行われていたコッツウォルズの村まで足を延ばしたほどです。また、子どもがイギリスで中等教育を受けたことから、日本とは全く異なる教育制度にも関心を持つようになりました。こうした自身の経験を踏まえ、イギリスの文化や教育に関する本を訳すという夢を実現できたらと思っています。私の翻訳修行はこれからも続きます。

呉亜矢 名義(第669回オーディション入賞者) 鹿田真梨子 名義(第84回Job Shop入賞者)

第669回 オーディション 作品入賞

訳書名 『型破りCEOが世界を歩いて学んだ リーダー5つの黄金律』
訳書出版社 株式会社大和書房



第84回 Job Shop 作品入賞

訳書名 『3分でわかるアインシュタイン』
訳書出版社 株式会社エクスナレッジ


翻訳ストーリー

 もともと本好きだったのもありますが、書籍翻訳の世界に飛び込んだ直接のきっかけは「特許明細書」です。TOEIC600点ぐらいの英語力だったあの頃、特許事務所の上司(英検1級所持の弁理士)の下で働いていました。日本企業の米国特許出願「半導体の製造方法」などの日英翻訳や、アメリカやフランスの会社が日本特許庁に出願する明細書の和訳に必死で取り組むうちに英語力(と時々フランス語力)がついてきました。物の構造や製造プロセスを説明するなら英語のほうが圧倒的にわかりやすいんです。たとえば「外側に広がった形状」はflaredの一語で済みます。同じことを表現するのにこんなに違うのかと言葉の面白さにはまっていきました。しかし仕事で扱う言葉は製造業関連のみ。semiconductor云々よりもっと面白い文章を訳してみたいと思うようになりました。トランネットをwebで見つけて入会してから10年以上、ダメ元で応募したJob Shopとオーディションは数知れず。これまで二回翻訳者に選定していただきました。夢は印税で暮らせる翻訳者になること。とはいえ道は遠く、大学で非常勤講師もしています。
 特許事務所を辞めてからプロの翻訳家が来られる勉強会に入りました。時間帯が平日夜に変わって行けなくなりましたが、文章を書くときいつも頭に浮かぶのは当時先生が翻訳中だったSFの巨匠スティーブン・キングの『On writing』の一節です。「文をゴテゴテ飾り立てる形容詞や副詞の類は全部取りなさい。」S.キングによれば伝えたいことを端的に書くのが極意であると。実践するのは容易ではありませんが座右の銘としています。
 最近の気晴らしはUNEXTで中国の壮大な歴史ドラマを見る、テイラー・スウィフトのLast Christmasの完コピに励む、朝日新聞beのナンプレを解く、アニソンに合わせて娘と踊る(超きつい)などです。書き手としての修行は一生続きます。辛いこともありますが、魅力的な書き手や心揺さぶられる物語と出会うのを楽しみに歩んでいければと思います。

権田敦司(第670回オーディション入賞者)

第670回 オーディション 作品入賞

訳書名 『エコノミック・ヒットマンの世界侵略 米中の覇権が交錯するグローバル  経済のダークサイド』
訳書出版社 株式会社二見書房


訳書名 『シンクロニシティ 科学と非科学の間に』
訳書出版社 株式会社あさ出版


翻訳ストーリー

 突然ですが、みなさん「ざっくり翻訳」ってご存知ですか? 通称「ざく翻」。もしかしたら「あ、知ってる、知ってる!」って今、ニヤニヤした人もいるかもしれないですね。はい、某FM局の人気昼番組のワンコーナーです。パーソナリティはシンガーソングライターのLOVEさん。彼女が、歌詞の内容を知ってそうで知らない洋楽のヒットナンバーを、日本語にざっくり翻訳して、楽曲に合わせて歌っちゃおう、というなんとも面白い、そして翻訳者にとっては大変タメになる?コーナーなんです。
 たとえば、先月来日した大御所ビリー・ジョエルの「Honesty」であれば、こんな感じ(ご存知の方はメロディーを思い浮かべながら、どうぞ)。

♪Honesty, such a lonely word~ Everyone is so untrue~♪しょ~じきぃ~ めっちゃ、む~なしぃ~ み、ん、な、うっそぉ~ つっきぃ~ ン、チャッ、チャッ、チャッ・・・

 あのメロウな名曲が、いかにも心に傷もつ、騙されたぁ~人間の愚痴披露曲に大変身。そう、美しいサビのメロディーに、一気に大衆酒場の哀愁感がまとわりついてくるから、翻訳って不思議ですよね!?
 ちなみに、私が「Honesty」を初めて聴いたのは今から約30年前、中学生のとき。音源はカセットでした(ご存知ない方はグーグルを、どうぞ)。当時のラジオいわく、「Honesty」は日本ではヒットしたけれど、本国アメリカではさほど売れなかったとのこと。アメリカ人には、歌詞がまさに「ざく翻」のようにきこえたからかもしれません。
 まぁ、真偽のほどはさておき、翻訳に不思議な力があるのは確かかも……。LOVEさんは言います、言葉は心意気!
 もし翻訳で煮詰まっている方がいらしたとしたら、ぜひ気分転換にラジオをつけてみてくださいね。
 以上、オーディション戦績ざっくり1勝9敗の権田がお届けしました~♪

川崎千歳(第661回オーディション入賞者)(※「崎」はつくりの上部にある「大」が「立」になっている「たつさき」が正式表記です)

第661回 オーディション 作品入賞

訳書名 『「変化を嫌う人」を動かす 魅力的な提案が受け入れられない4つの理由』
訳書出版社 株式会社草思社



翻訳ストーリー

 消去法による選択ではありましたが、英語学科に進んだときは翻訳家へのぼんやりとした憧れがあったような気がします。とはいえ特に翻訳の勉強をするでもなく、大学卒業後は外資系コンピューターメーカーに就職しました。翻訳を仕事にしたいと改めて思ったのは、業務の一環で技術文書を訳したときです。その後、リストラが始まったのを機に翻訳者への転身を決意。本や雑誌などを活用して翻訳スキルを習得し、半年ほどでIT分野の実務翻訳者として歩き出せました。仕事が軌道に乗り、出版翻訳にも挑戦したいと思うようになったところで、前々から気になっていたトランネットに入会しました。しかしながら、最初の2年ほどは第一選抜通過すら望めない程度の訳文しかつくれず、オーディションには応募できずじまいでした。
 リーディングを6~7冊こなし、たまにオーディションで最終選考に残れるようになった頃、初めての訳書となる『PUBLIC DIGITAL』のお話をいただき、トライアルを経て訳者に選出されました。通知を受け取ったときは夢心地でしたが、すぐに不安が襲ってきました。私にできるのだろうか。案の定、訳稿の提出はたびたび遅れ、スケジュールも何度か見直していただくことに。関係者の方々にはご迷惑をおかけしました。それでもなんとか訳し終え、数カ月後に書籍が手許に届いたときは感激しました。
 オーディションを通じて翻訳の機会をいただいた『「変化を嫌う人」を動かす』でも、訳稿提出が遅れがちな傾向は変わらず、英文読解力、調査力、日本語の文章力など、翻訳に必要な各種能力の不足を痛感しました。私にとっては最初や2冊目の訳書であっても、読んでくださる方々には関係ありません。訳者のせいで原書の評価が下がるような事態は許されず、責任の重さも実感しました。
 翻訳を通じて海外の知見を伝える役目を果たし続けられるよう、これからも翻訳力の強化に取り組んでいくつもりです。

新規会員登録はこちら