オーディション概要

出版翻訳オーディション

オーディション課題一覧

オーディション評価と結果発表

e-bookオーディション

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

出題日 2007/04/25
締切日 2007/05/10
原題“SHARING THE HARVEST: A Guide to Community-Supported Agriculture”
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者by ELIZABETH HENDERSON with ROBYN VAN EN
訳書名 CSA 地域支援型農業の可能性 アメリカ版地産地消の成果
ジャンル人文科学・政治・法律・社会・時事
ジャンル詳細
原書出版社CHELSEA GREEN PUBLISHING COMPANY
募集内容上訳
内容Community Supported Agriculture(CSA)と呼ばれる「地域サポート型農業」について、その成り立ち、歴史、そして現状を詳しく解説する一冊。
本書は、どんな野菜でも一年中手に入れられる現代の食の供給システムに警鐘を鳴らし、農家と消費者のつながりの大切さを主張する。現代社会で失われたさまざまな「つながり」を取り戻すひとつのツールとして、CSAを導入した農家がアメリカでも少しずつ増えている。また、この動きは、実は「TEIKEI」という名で日本でも徐々に広がりつつあり、実際本書においても少々触れられている。
CSAは非常に効果的な経済形態であり、本書は、日本の農業の将来を考える上でも大変有益な一冊である。そして現在の農業ブームにも絡めて、消費者と生産者、どちらの側からも読める、今が旬の書籍である。
(※説明中のキーワードは、実際の翻訳に役立てる必要はございません。
分量日本語仕上がり約680枚(1枚=400字)を1名で翻訳。
翻訳時期決まり次第、即日 ~ 2007年10月上旬
訳者名表示あり
支払形態買切り

第320回


オーディション結果

入賞者 kyoko

こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る