オーディション概要

出版翻訳オーディション

オーディション課題一覧

オーディション評価と結果発表

e-bookオーディション

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

出題日 2019/06/26
締切日 2019/07/10
原題Independence Day(『Independence Day & Other Stories』より)
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者Pramoedya Ananta Toer
ジャンル文学・美術・工芸・映画・音楽
ジャンル詳細文学・フィクション全般・エッセイ・詩
原書出版社Paper and Ink Arts
訳書出版社株式会社トランネット
出版形態電子書籍+紙書籍(プリント・オン・デマンド形式になる予定)
募集内容上訳
内容トランネットが翻訳出版を行う「アジアの短編翻訳プロジェクト」第3弾!

課題は、イギリスの出版社Paper + Ink社から刊行された短編集『Independence Day & Other Stories』(原書:英語/3編収録)に収録されている「Independence Day」です。今回、権利者より特別に、インドネシア語から英語に翻訳された原書での翻訳を許可して頂きました。翻訳者に選出された方には、「Independence Day」の他に収録されている、「Inem」「Circumcision」も訳していただきます。

「インドネシアの最も偉大な小説家」――ニューヨーク・タイムズ

生前、毎年のようにノーベル文学賞の候補に名前が挙がったインドネシアを代表する作家、プラムディヤ・アナンタ・トゥール。当短編集の表題作である「Independence Day」では、インドネシア独立戦争の際にオランダ軍の獄中にあった自らの経験をもとに、戦闘に赴き、心身ともに傷ついた主人公の青年とその家族の崩壊を描いていて、戦争のもたらす悲しみを今日に伝えています。他の収録作「Inem」では、幼くして結婚していく少女Inemに心を寄せる男の子の目を通して社会の悲哀を描き、「Circumcision」では、割礼の儀式を迎える男の子たちの心の内を、瑞々しくも重厚な筆で描いています。

なお、4月より毎月1回開催しておりますアジアの短編の出版翻訳オーディションは、この〈インドネシア編〉を含めて残り2回です。全4回のオーディション課題作品と、2~5月に開催した『通訳翻訳ジャーナル』誌上翻訳コンテスト〈シンガポール編〉の課題作『a tiny space』をあわせて、5作品を年内に刊行する予定です。

(※課題文翻訳の際、内容説明の中で使われている語や文を訳文に反映する必要はありません)
分量日本語仕上がり約100枚(1枚=400字)を1名で翻訳。
翻訳時期2019年7月下旬翻訳開始。2019年8月末翻訳終了予定。
訳者名表示あり
支払形態印税(紙の書籍:印税6%、電子書籍:トランネットへの入金額の10%)。ただし、前払い印税として書籍刊行時に10万円(消費税別/源泉徴収前)をお支払いします。

第619回


こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る