オーディション概要 オーディション概要

オーディション課題概要 オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

第639回

出題日 2020/11/12
締切日 2020/11/24
原題Assassins’ Deeds: A History of Assassination from Ancient Egypt to the Present Day
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者John Withington
ジャンル人文科学・政治・法律・社会・時事
ジャンル詳細歴史・地理・考古学・民俗学・文化人類学・言語学
原書出版社Reaktion Books
出版形態紙書籍
募集内容上訳1名
内容少なく見積もっても3000年前から、権力者が暗殺者の手によって命を奪われてきた。例えば、オスマン帝国の皇帝が自分の兄弟19人を絞殺したり、ローマではボディガードたちが何人もの皇帝を殺害した。最近では野心や復讐心、怒り以外に、宗教的・政治的狂信主義や革命、解放運動も動機に加わり、政府の関与も増えてきた。それに対し、暗殺される側はあまりにも不注意である。エイブラハム・リンカーンはボディガードが一杯飲みにいくのを許したその隙に殺されてしまったのだ。

ところで、暗殺は割に合うのだろうか。暗殺者たちの末路は? 暗殺の成否は?
歴史の大転換を引き起こすきっかけになった暗殺もあれば、民衆の怒りを買い、首謀者自身が立場を追われる結果になったものもある。処刑されたり、その場で自ら命を絶った暗殺者もいれば、英雄としてその肖像が紙幣に印刷された者もいる。

本書では暗殺の逸話や例証、統計の分析を列挙し、人の営みの中でももっとも有名な蛮行について掘り下げ、それにかかわる人々の興味深い人物像や独特の暗殺方法、思いもよらない結末の数々を紹介している。

(※課題文翻訳の際、内容説明の中で使われている語や文を訳文に反映する必要はありません)
分量原書約340ページ/日本語仕上がり約690枚(1枚=400字)を1名で翻訳。
翻訳時期2020年12月上旬翻訳開始。2021年4月下旬翻訳終了予定。
訳者名表示あり
支払形態買切り。翻訳料金は、出版社へ翻訳者として推薦する「翻訳者候補」に選出された方へ、出版社へご紹介する前に通知します。

オーディション結果

入賞者 シュライク

こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る