オーディション概要 オーディション概要

オーディション課題概要 オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

第644回

出題日 2021/02/09
締切日 2021/02/18
原題Eager: The Surprising, Secret Life of Beavers and Why They Matter
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者Ben Goldfarb
ジャンル自然科学・技術工学・建築
ジャンル詳細数学・物理学・化学・宇宙科学・天文学・地球科学・地学・気象学・生物学・植物学・動物学・カオス理論・フラクタル・複雑系・その他自然科学
ジャンルその他環境
原書出版社Chelsea Green Publishing
出版形態紙書籍/電子書籍
募集内容上訳1名
内容かつて北米大陸に1500万匹から2億5000万匹も生息していたと言われるアメリカンビーバーは、19世紀に毛皮を目的に乱獲されたため、著しく数が減少した。1920年代から1930年代にかけてやや回復したものの、元の数には遠く及ばない。本来の生息地にビーバーを戻そうという動きもあるが、天敵の存在や、家畜産業や漁業からの反発など、障壁が多い。

ともすると害獣と目されがちなビーバーだが、著者は、実はビーバーこそが北米大陸やヨーロッパの地理の形成に貢献し、水路をめぐる生態系や生物多様性を守ってきたのだと語る。そして、実際にはビーバーが生態系に存在しているほうが他の生物にも良い影響があるのだと論じ、ビーバーを自然環境に戻すことで、大規模なダムを造るまでもなく効果的に集水、貯水が行えると主張する。

本書は、ビーバーという単一の種が、土地や景観の形成に果たしてきた役割を歴史的に辿ることで、人間がビーバーに限らず他の生物たちと共生関係にあることを思い起こさせてくれる。また、まずは他の生物との平和的な共存を目指すことが重要であるが、さらに一歩進んで、いかに互いに利益をもたらしながら共に生きられるかを考えていかねばなるまいと呼びかける。

(※課題文翻訳の際、内容説明の中で使われている語や文を訳文に反映する必要はありません)
分量原書約270ページ/日本語仕上がり約685枚(1枚=400字)を1名で翻訳。
翻訳時期2021年3月上旬翻訳開始。2021年7月下旬翻訳終了予定。
訳者名表示あり
支払形態買切り。翻訳料金は、出版社へ翻訳者として推薦する「翻訳者候補」に選出された方へ、出版社へご紹介する前に通知します。

オーディション結果

入賞者 ram

こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る