オーディション概要 オーディション概要

オーディション課題概要 オーディション課題概要

出版社から翻訳依頼を受けた書籍の翻訳者を選出するために、出版翻訳オーディションを開催します。
翻訳出版を予定している原書の一部(1000words程度)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載された課題文(メールでも同時配信)を翻訳し、同ページから訳文を登録すれば応募完了!

オーディションへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら) が必要です。

新規会員登録ページへ

第651回

出題日 2021/07/21
締切日 2021/08/02
原題The Secret History of Home Economics: How Trailblazing Women Harnessed the Power of Home and Changed the Way We Live
原書言語英語
訳書言語日本語
原著者Danielle Dreilinger
ジャンル人文科学・政治・法律・社会・時事
ジャンル詳細歴史・地理・考古学・民俗学・文化人類学・言語学
原書出版社W. W. Norton & Company
出版形態紙書籍
募集内容上訳1名(監修者・監訳者が入る可能性あり)
内容あなたは家政学と聞いて何を思い浮かべるだろうか。家でケーキを焼いたり、縫い物をする……そんなイメージを抱いていないだろうか。しかし、家政学の創始者たちと言えば、MITに入学した初めての女性で、日々の単調な仕事から女性を解放するために科学を活用しようとしたEllen Swallow Richardsや、家庭環境の向上こそ人種間の不平等を正すために必要だと考えた黒人女性のMargaret Murray Washingtonなどだ。つまり、家政学の本質は、家庭の中から世界を変えようとする精神にある。

本書は、家政学は単に家事を学ぶ女性だけのための学問であるという世間の一般的なイメージを覆し、家政学がその成立期から現代にいたるまで、女性の地位向上と社会参画、人々の生活の質の向上、職業創出、時には戦時期の国家の下支え、そして社会の変革などで大きな役割を果たしていることを明らかにしていく。

(※課題文翻訳の際、内容説明の中で使われている語や文を訳文に反映する必要はありません)
分量原書(本文)約310ページ+(巻末)約60ページ/日本語仕上がり約690枚(1枚=400字)を1名で翻訳。
翻訳時期2021年8月下旬翻訳開始。2022年1月下旬翻訳終了予定。
訳者名表示あり
支払形態買切り。(特別永久会員の方には、紙書籍の重版後、印税をお支払いします)翻訳料金は、出版社へ翻訳者として推薦する「翻訳者候補」に選出された方へ、出版社へご紹介する前に通知します。

オーディション結果

入賞者 quando

こちらでは課題概要と課題文の一部を掲載しています。 全文はマイページへログインの上、ご確認ください。

一覧へ戻る