ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

原題 Speak Up!!
著者 Adora Svitak
分野 社会/教育
出版社 White Lion Publishing
出版日 未定
ISBN 未定
本文 各界の若い著名人の言葉を紹介しながら、次世代を担う若者を勇気づけ、そして駆り立てる内容の一冊。日本ではあまり馴染みのない人物の言葉が続くが、どれも核心をついており、誰もが心を揺り動かされるような言葉の数々が続く。とくに多感な年ごろである10代後半の若者や、活力に満ちた20代前半の若者が読むことで、自分がすべきこと、そして自分にできることについてじっくりと考えるきっかけをくれる本になるのではないだろうか。

タイトルのとおり、声を挙げて行動を起こした若者たちの言葉には想像もできないような力が宿っている。たとえば「自分の人生のために戦いなさい。それが、他の誰かの役割になってしまうまえに」という短いメッセージには、自分が歩む道を他人任せにしていてはいけない、という強い呼びかけの意思が込められている。自分自身の人生について考えを改めるきっかけになる本だと言える。永遠に楽しい時間が続くと思いがちな時期に、明確なメッセージを向けられることで、ただ漠然と生きていくのではなく目的や理由を持って人生を歩んでいくことができるようになるのではないか。

本書は見開きのページを使って一人の人物の言葉を紹介する構成となっており、片側に大きく格言が掲げられている。そしてその隣のページに、より詳しいスピーチが掲載されているという作りだ。普段から本を読まない若者であっても、これなら一日に一ページ、などと決めて読むことができる。説教じみた長文が続くわけではないので、空いた時間や眠る前のひと時に気軽に読むことができる。

ポップでカラフルな色使いがされているため、堅苦しい印象などは一切なく、手に取りやすい一冊になっている。中学や高校を卒業するタイミングで保護者からプレゼントとして贈るのもいいだろう。いつか人生に迷いが生じたとき、自分のやりたいことがわからなくなったとき、必ずや若者の心に寄り添い、答えを導く力をくれる一冊になるはずだ。