ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

原題 Octopus, Squid & Cuttlefish: The worldwide illustrated guide to cephalopods
著者 Roger Hanlon, Louise Allcock, Mike Vecchione
分野 生物学
出版社 Ivy Press
出版日 2018/10/18
ISBN 978-1782405702
本文 頭足類は、地球上最も美しい生き物のひとつで、魚類や鳥類にも匹敵する大きな脳、鋭い感覚や複雑な行動様式を発達させてきた。しかし、頭足類を詳しく知らない人にとって、この生き物は謎めいた存在であり、誤解されている点も多くある。

そのような頭足類について、科学的事実とオールカラー写真によって説明したのが本書である。頭足類という魅力的かつ神秘的な海洋生物について、その全体像が各章のテーマに沿って詳しく述べられている。

頭足類の大きな特徴の一つを上げると、Rapid Adaptive Coloration(迅速適応色変化)というものがある。この特性により、頭足類は即座に皮膚の色や自らの見た目を変えることが出来る。これは、外敵から身を守ったり、威嚇したり、または求愛する時にも用いられる。この特性を可能にするため、頭足類は美しい色の皮膚や宝石のような身体像を発達させた。ちなみに、色を変えるスピードはカメレオンよりも速い。

また興味深い事実として、例えばクジラの脳は我々人間のものとある程度似ているのに対し、頭足類の脳はその大部分が腕にある、ということがある。その(腕の中の)脳により、頭足類は学習能力を持ち、情報を記憶・保持することも出来るのだ。頭足類には700を超える種があり、それぞれが様々に異なる方法で知能を発達させてきたことを知ると、この生き物がSF小説によく登場するのはもはや偶然とは思えなくなるだろう。

本書では、「群れることなく墨を吐いて狩りをするタコ」から、「社会を形成するイカ」、「ものすごく大きな脳を持つコウイカ」までを網羅し、その進化や身体構造、生活史、習性等が描かれている。
事実を詳述した学術書でありながら、わくわくする読み物でもある本書を通して、頭足類の洗練された習性と、現代の海洋で果たす重要な役割について深く理解することが出来るだろう。