ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 The Night Sky Explorer: Your Guide to the Heavens
著者 Robin Kerrod
分野 天文学、宇宙科学
出版社 Thunder Bay Press
出版日 2020/11/03
ISBN 9781684124268
本文 初版部数35万部、星空観察ガイドの決定版!

星空観察の初心者が知っておきたいこと、星空観察に必要なものがすべて揃ったビジュアルガイド。初心者だけでなく、アマチュア天文家もきっと満足できる内容だ。

今回の新版では掲載情報の見直しと更新が行われ、内容も刷新された。写真はより高画質なものへと差し替えられ、200点を超える星空、惑星、銀河の写真が本書全体に散りばめられている。ロマンをかき立てる本文や星空にまつわるミニコラムなど、読み物としても楽しめる。

本書は2部構成になっている。第1部では、天体観測のしかた、北半球・南半球で見られる星座、太陽系の惑星などについて学ぶ。裸眼や双眼鏡で見えるものから、ハッブル望遠鏡が映し出す世界へと、スケールが大きくなっていく。最新の宇宙探査ミッションに関する情報も、新たに追加された。宝石を散りばめたような美しい写真を見ていると、星空観察が待ち遠しくなるはずだ。

第2部では、星座の見つけ方が詳述されている。特筆すべきは、1年の月ごとに見える星を解説した星図(スターマップ)。各月に数ページを割いて、プラネタリウムのように「今月の星空案内」をしてくれる。付録として、星空観察に欠かせない回転式(円盤を回転させるタイプ)の星座早見盤が付いているのも嬉しい。

星空観察の初心者がまず知りたいのは、「いま、どこに何が見えるのか」ということ。星座早見盤と本書があれば、1年の任意の時点に見られる主な星座の位置や天体現象をすぐに確認できる。きっと夜空を見上げたくなるだろう。