ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 Amazing Story of the Man Who Cycled from India to Europe for Love
著者 Per J Andersson
分野 自伝/旅行
出版社 Oneworld Publications(アメリカ版)
出版日 2017/2/2
ISBN 978-1786070333
本文 これはインド人男性PKの人生を描いたノンフィクションである。PKが愛と勇気によって、貧困、カーストによる偏見と逆境を乗り越え、1万1200キロに及ぶ冒険の旅の末に、愛する女性と結ばれるという実話である。

PKは、インド東部のジャングルの近くにある小さな村で、カースト制度の最下位である「不可触民」の子として生まれた。家族は郵便局長の父、母、祖父母、二人の兄だった。社会的身分制度のカースト制が残るインドで、不可触民は神聖なものを汚す存在であると考えられていた。PKは幼少期から様々な困難に見舞われる。学校では教室の外に座らされ、同級生は彼に触られることを嫌がった。村の寺に行けば、石を投げられた。そんななか、PKは村の占星術師に、将来、遠い国から来た女性と結婚するだろうと告げられる。

1975年、アートを学んでいた学生のPKは、スウェーデン人女性の旅行者ロッタと出会う。ニューデリーの通りで肖像画を描いているPKに、ロッタは自分の肖像画を描いてほしいと頼む。それが運命の恋の始まりだった。

スウェーデンに帰国したロッタに会うため、PKはインドから北欧まで、なんと自転車で旅をすることを決意し、旅に出た。
1979年、その後、スウェーデンでめでたくロッタと結婚したPKは、二人の子どもに恵まれ、幸せな家庭を築いている。PKはスウェーデン政府の芸術・文化顧問を務めている。

下記のリンクも是非ご覧ください。
https://bit.ly/2ScEFo0 (日本語)
https://bit.ly/36U9jYM (英語版)