ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 The Joy of Search : A Google Insider’s Guide to Going Beyond the Basics
著者 Daniel M. Russel
ページ数 337
分野 インターネット、ネットワーク、社会、科学
出版社 MIT Press
出版日 2020/05/01
ISBN 9780262042871
本文 疑問をもって、いろいろ知りたいと思うのは、人間の本能だ。Web検索の飛躍的な進歩は、その欲望をとんでもなく満たしてくれるようになった。本書は、検索エンジンを効果的に使いこなす様々な手法、手順を具体的な事例で紹介する。たとえば著者の友人が、ある都市の写真を送ってくる。まん中に円筒形の大きなビルがある。友人の質問は「この写真はどこから撮影したものか、撮影ポイントを割り出してくれ」というものだ。情報は写真だけで、どこの国か、どの都市かもまったくわからない。ところが著者はWeb検索で、なんと5分程度で写真を撮影したポイント(オフィス・フロアの住所)と、そこの電話番号まで割り出してしまうのである。おどろくべき検索手法だ。だけど、むずかしいテクニックを使ったわけではない。「なるほど、こうすればよいのか」と納得できる。誰にでもできるのである。

検索には重要なキーポイントが2つある。「検索エンジンに何を質問すればよいか明確になっているか」そして「検索エンジンにどのように質問するか」である。本書では、いろいろな検索事例を紹介する。わくわくする検索テクニックの連続。

著者はいう「読者の皆さんへ、どんどん質問し続けてください。きっと人生が面白くなります」と。