ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 Gig Mindset
著者 Paul Estes
ページ数 310
分野 企業・経営、インターネット・ビジネス、ビジネス自己啓発
出版社 Lioncrest Publishing
出版日 2020/01/14
ISBN 9781544506326
本文 ギグ・エコノミーは、ビジネス界に革命的変化をもたらし、さらには人々の生活様式を根底から変革していく。
この潮流に積極的に適応する考え方がギグ・マインドセットだ。著者は大企業をいきなりクビになった。この災いを福に転じたのがギグ・マインドセットだ。
ギグ・エコノミーを効果的に活用して仕事を進めれば、効率は飛躍的に改善し、仕事の成果も格段によいものとなる。ギグ・エコノミーのキーワードは、「必要な時に、必要なだけ」と「フリー・ランサー」だ。
サービスを希望する人とサービスを提供する人(フリー・ランサー)を即座に直接結び付ける。世界では、このような企業が続々と登場している。
著者は読者に「自分のバーチャル・アシスタント」を持てという。様々な専門的技術や知識、専門的な経験を積んだフリー・ランサーが世界中には驚くほど大勢いるのだ。ギグ・エコノミーに精通して、この人材をバーチャル・アシスタントとして活用することで、仕事の質は飛躍的に向上する。必要なフリー・ランサーと緊密なネット・ワークを築くことがカギになる。

著者が手掛けるToptal社は企業と各種専門エキスパートを結び付ける。フリー・ランサーを結びつける大手のプラットフォーム企業は続々と登場している。Upwork社は企業と独立した専門家がオンライン・リモートで共同作業を行うサービス。Fiverr社はフリー・ランサーを紹介・提供して世界中の顧客にサービスを提供する。これらのプラットフォーム企業は、フリー・ランサーのプロフィールから、資格類のエビデンス、今までの実績、カスタマー・レビューなど信用力の担保方法も充実させている。

他にも、TaskRabit社(清掃、配達、便利屋等のサービス)、Uber社(配車サービス)、Lyft社(運輸サービス)、Fancy Hands社(バーチャル・アシスタント)など実に様々なギグ・エコノミー企業が続々と出現している。

さあ、読者はギグ・マインドセットに切り替えて、ギグ・エコノミーをどのくらい活用できるか。仕事のやり方は革命的に変化する。ギグ・エコノミーへの理解を深め、仕事と生活を活性化させる一冊だ。