ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 Fashioning China
著者 Sara Liao
ページ数 224
分野 メディア、マスコミ、マーケティング、広告、インターネットビジネス、 世界経済、ネットワーク、社会、文化人類学、デザイン、ファッション
出版社 Pluto Press
出版日 2020/02/20
ISBN 978-0745340692
本文 デジタル・バリケード・シリーズ(Pluto Press)の一冊。デジタル(Web)の世界は人々を結び付け、社会、政治、経済に革新的な可能性を与える。一方で人々を監視し、世論を統制することもできる。それを防ぐのがバリケード。本書はそのシリーズの中の一冊。

中国 広東州 深圳の山寨(さんさい)は、模倣品、イミテーションの文化で世界中に知られている。2000年代以前にアップルや有名メーカーのコンピューター、携帯、家電製品などを模倣した “山寨機” がブームとなった。現在は、ファッション、ブランドものを中心に服飾関係のコピー製品、模造品が有名だ。世界の一流ブランドから日本、韓国等のブランドまで幅広く手掛けている。合法と非合法、創造性とイミテーションの狭間にいる一大産業だ。
“山寨ファッション産業” の担い手は、女性デザイナーたち。年齢は20代から30代。既婚者が多く、小さい子供がいる世代だ。皆、夫やボーイフレンドの助けを借りて、たった一人で奮闘する自営産業だ。本書は、山寨デザイナーたちのビジネスと生活、そのバイタリティを生き生きと描写する。彼女たちは、デジタルプラットフォームを最大限利用して、低コスト・低価格で地方の消費者に服飾を販売する。驚くべきスキルはe-コマースのテクニックだ。オンラインモールのTaobao、ミニブログのWEIBO、インスタントメッセージのWeChatの機能を駆使して、業界情報や規制の状況を徹底的に調べ上げ、ファッション流行の方向性をつかみ、服飾のテンプレート作成から、素材選び、製造先の選定、顧客への輸送手配まで、すべてを一人で完結させる。消費者との関係づくりもユニークだ。販売した服を着た姿を自撮りしてもらい、これをコメントとともに送ってもらって、Webに掲載する。「バイヤーズ・ショー 」と言う 、Web上のファッションショーだ。スマホ1本ですべてを仕上げてしまうバイタリティには驚嘆する。中国の指導層は「富める者から富め」と声をかけて、「チャイニーズ・ドリーム」のスローガンのもと経済発展を推進する。これは、政治経済のエリート層を念頭においたものだ。だが、山寨ドリームは草の根だ。

はたして、山寨文化が国家主導の文化・経済に与えていく影響は!?
大変興味深い一冊だ。