ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 Thank You, Cancer
著者 Logan Sneed
ページ数 186
分野 ビジネス自己啓発
出版社 Lioncrest Publishing
出版日 2019/12/3
ISBN 978-1544505022
本文 本書は、著者が重病の逆境から立ち直り、独自の起業活動に至るまでの過程を描写したもの。窮地に陥った時に著者がひねり出す逆転の発想、災いを福に転ずる心の整理の仕方が、実に素晴らしい。我々が人生の壁にぶち当たった時に、間違いなく参考になる一冊、勇気を与えてくれる一冊だ。

著者は2016年、19歳の時にステージ4の脳腫瘍と診断され、生命の保証も危ぶまれた。外科手術の後、放射線治療と化学治療を受け、心身共にどん底状態に陥っていた時、ケトン食療法(ケトン・ダイエット)に出会い、独自にこれを実行した。ほとんどの医者はこの療法の効果に否定的だったが、運命は大転換! MRI検査の結果は、医者がビックリするほどの良い結果に転じ、奇跡的に生還した。ケトン食療法は、エリック・バーグ医師がパイオニアだ。十分な量のタンパク質と大量の脂肪を摂取して、炭水化物を極限まで避ける食事療法。重要なエネルギーとされるケトン体が増殖し、これがよい効果をもたらすのだ。もとはテンカンの発作治療のために開発されたが、最近では糖尿病、パーキンソン、アルツハイマー、ガン等への研究も進んでいる。逆境に陥った時の著者の心の整理のし方は、素晴らしく、感嘆のひとことであり、多くの読者を惹きつけるであろう。

「ガンと戦わなくてもよい。ガンと握手せよ」
「われわれは自分で限界をつくってしまう」
「私は自分という会社のCEOだ。医者が何と言おうと自分の思う道を行け」
「とにかく実行せよ、実行しなければ、すべてが不可能だ」
「頭の中をめぐる二つの声に迷わされるな!天国と地獄、失敗と成功、疑念と希望」