ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 Speciality Coffee
著者 Katrien Pauwels
ページ数 336
分野 グルメ/食品
出版社 Lannoo Publishers
出版日 2019/12/09
ISBN 978-9401461573
本文 すでにすっかり生活の一部になったコーヒー。自宅でもコンビニでも手軽に飲むことができる。だが一方、大量生産による品質の低下や価格の低迷は生産者にとっては、質の高いコーヒーの生産はもちろん、栽培そのものに対する意欲を衰えさせる原因にもなっている。スペシャリティーコーヒーの概念はそういった現状を変えようとする活動理念だ。そこでは栽培、選別、焙煎、抽出、味わい、容器などに至るまで徹底した管理と厳正な基準を当てはめることによって、生産者から消費者まですべての人が恩恵を受けるシステムを創り出そうとしている。

本書ではコーヒーの達人、パウウェルスがスペシャリティーコーヒーの生産から淹れ方までありとあらゆる場面を、多くのイラストや写真を使って分かりやすく、しかも詳細に説明する。また、コーヒーのプロの世界に足を踏み入れようとする人たちのためにビジネスプランなどの、最新のトレンド情報も紹介している。たった一杯のコーヒーの裏にどれだけの労力が隠れているか、ベルギーでスペシャリティーコーヒーのロースターとしても活躍している著者は専門的知識を駆使し、コーヒーについての様々な知識を語る—栽培する豆のタイプの違い、焙煎が味に与える影響、目的や好みに合ったコーヒーの選び方と淹れ方。豊富な経験をもとにコーヒー界のビジネスについても深い見解を披露している。世界の優秀な焙煎人へのインタビューも説得力があり非常に興味深い。

“From Seed to Cup(種からカップまで)”というスペシャリティーコーヒーの理念がページの端々に現れている。コーヒーの奥深さを堪能させてくれるとともに、味わい深いコーヒーが素晴らしい一日への第一歩だと思わせてくれるような、魅力的な一冊だ。