ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 Fight Back
著者 Felix Staeritz and Simon Torrance
ページ数 184
分野 経営/インターネットビジネス
出版社 LID Publishing
出版日 2020/04/14
ISBN 978-1912555529
本文 今やどこの国でも、社会でも、組織でもデジタル革命が起きている。それはAIから義手まで、パーソナルロボットからSkypeやWhatsAppなどのパーソナルテレビまで、ありとあらゆるものを含む新しいテクノロジーの集まりだ。

消費者のためのテクノロジーはめまぐるしく進歩し、日々の生活にそれと気づかぬうちにとけ込んでしまっているのに対して、ビジネスの世界では一部の先駆的なプラットフォームビジネスを除けばまだまだデジタル化が浸透しているとは言えない。

それはデジタル革命、世界貿易フォーラムが言うところの第4の産業革命がもともと破壊的な側面を持っているからである。会社や政府機関やNGOは今まで頼りにしていた考え方を捨て、既存のビジネスモデルを改変することを強いられている。どうしても及び腰になるのはもっともである。実際ちょっとした変化を取り入れるのにもびくびくと時間をかけてやっている始末だ。しかし、従来のビジネスモデルを見直し、顧客のため、ひいては自らのためにも新しい価値を創り出せるよう、前向きな起業家マインドを持たなければ、すでにやってきている変革の波に飲み込まれてしまう。

本書にはビジネスリーダーがデジタル経済を有効に利用できるようになるための設計図が示されている。目を見張るような、そして思わず納得してしまうその方法とは、きわめて有効であるのにあまり理解されていない3つの戦略的ツールである、プラットフォームビジネスモデル、デジタル事業、ハイテク起業家の特別なスキルを活用することだ。しっかりした分析に基づく本書はデジタル化社会における企業革新のための実践的な戦略集であり、すでに主要なプラットフォームとして世界で使われているアメリカや中国のビジネスモデルの実例や、起業家のインタビューを通じて、変革への道筋を指示してくれる。