ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 The Invisible Rainbow
著者 Arthur Firstenberg
ページ数 576
分野 通信/生命科学/脳/精神医学/社会問題/環境・公害
出版社 Chelsea Green Publishing
出版日 2020/03/09
ISBN 978-1645020097
本文 本書は、電気・電磁波が人体に与える悪影響について歴史的視点をもって考察し、現代社会に極めて強い警告を発した一冊である。
雨のあとには虹が出る。宇宙から降り注ぐ光の色だ。地球には空気というブランケットがあり、太陽光線の害を吸収している。さて、現代の地球には色のない不可視(invisible)の光がある。電気・電磁波だ。1700年代半ば以降、イギリスやフランス、アメリカで電気が灯り、1860年以降にはテレグラフ・ワイヤー(電信線)が地球に張り巡らされた。糖尿病、心臓病、ガン、過度の精神緊張、精神不安症が急激に増えてくるのはこの時からである。それまでは、まれな病気だった。

携帯電話の電波、Wi-Fi は見えない文明の触手だ。多くの人が携帯電話で頭痛をおこしている。眠りと記憶にも影響を与える。
1996年デジタルサービスが著者の町に張り巡らされた時、多くの人が病気になった。だが報道では、「北部アメリカのインフルエンザは1996年10月から1997年5月まで流行、多くの伝染者が出た」という記事のみ。著者は、我々は多かれ少なかれ「電気処刑」になっているという。そして、この事実が200年以上も言葉巧みに隠されてきており、これが最大の問題だと指摘する。

本書の構成は全17章。1746年、科学の申し子ともいえる電気時代の到来から現代まで、電気の功罪を描写する。科学は万能ではない。分かっていないことがいくらでもある。我々一人一人が、電磁波とどう向き合うか、真剣に考えさせられる一冊だ。