ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 The World Atlas of Street Fashion
著者 Caroline Cox
ページ数 400
分野 ファッション、デザイン・写真・社会学、民族学、文化人類学
出版社 Quarto
出版日 2017/09/07
ISBN 978-1784722425
本文 本書は世界中の街角(ストリート)で、見かけたその時代時代の様々なファッショを“全員集合”させたような写真集。写真に付されたコメントは、街の雰囲気や時代背景をコンパクトにまとめており大変面白い。まさにストリート・ファッションの地球ベースの地図帳(Atlas)である。

ストリート・ファッションは個人を主張(プレゼン)する最大の場だ。

19世紀後半から都会の街角は、風変わりな服装や、特異な服装を着た人たちがファッションショーを行うキャットウォークに変身した。1880年代のイギリスのバーミンガム、先の尖ったハンチング帽、ドンキー・ジャケット、ベルボトムのズボン、ヘビーなブーツ。都市ギャング・グループのドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』。1964年トロントのメープル・リーフ・ガーデンでプレイしたビートルズは、スーツに身を包んだ『モッズ・ファッション』だ。

ストリート・ファッションは政治的な動きになることもある。コンゴの『サプール・ファッション』は独自の文化だ。内戦の混乱にもめげることなく、庶民は昔ながらの飛び切りお洒落な高価なスーツを着こなす。ロサンゼルス東部の『チョロ・ファッション』は先住メキシコ人への現代人からの呼びかけだ。ストリート・ファッションは若者だけのものではない。『アドバンスト・スタイル』は、アンティーク、年代もの、モダン・ファッションのアンサンブル。キーパーソンの一人アイリス・アプエル氏はフクロウメガネで知られている。なんと年齢は90歳代。

本書はストリート・ファッションの集大成。都市の文化まで匂ってくる、大百科事典。誰でも楽しめるワクワクする一冊だ。