ブックレビュー

出版社の皆様へ

出版社の皆様へ

ブックレビュー

出版社様お問合せ

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

原題 FAST. FEAST. REPEAT
著者 Gin Stephens
ページ数 344
分野 生活/健康法/ダイエット/家庭医学
出版社 St. Martin's Griffin
出版日 2020/06/16
ISBN 978-1250757623
本文 ダイエットはうまくいかない。最初は効果が出るものの、やがてリバウンドに苦しみあげくの果ては以前よりも体重が増えてしまう。しかも引き出しの中は高価な関連商品でいっぱい。結局高いお金を払って健康産業を太らせているだけだ。

何かもっと良い方法がないだろうか。”IF(Intermittent Fasting)”がある。今までの「食事は少なく、運動は多く」式のダイエットとは違い、カロリー計算なんか必要ない。お金も全くかからない。食べたい時に好きなだけ食べられる魔法のような方法だ。
断食をすると体内に分泌されるインシュリンのレベルが下がり、脂肪が燃焼されやすくなる。更に細胞の自食作用が活発化し古くなったり不必要になった細胞を新たに有用な細胞に再生してくれる。そのおかげで多くの疾患にかかりにくくなるのだ。

お寺にこもって何日間も断食修行をするわけではない。普通に日常生活を送りながらできる。初心者のために本書では28日間のスタートプランを紹介している。それだけでなく多くの大学や研究者による最新の論文や著書に基づきこの方法の科学的根拠を分かりやすく、懇切丁寧に解説している。実際にこの方法を実践している人の声も掲載されている。それでも不明な点がある読者のために、最後にはFAQのページ付きだ。
 
自らがIntermittent Fastingの実践者である筆者はこの方法を「副作用としての体重減少を伴うヘルスプラン」と呼ぶ。今までブームになった数々のダイエットを実際に経験したものの、制限に苦しむ割に何の効果もなかったが、この方法を使って60ポンド(約27キロ)減量した。本書にはその経験を基にIntermittent Fastingを生活の中に取り入れるいくつかの方法が紹介されている。どんな生活環境であっても、スケジュールに追われていても「ダイエット脳」を取り去り、脂肪燃焼のスーパーパワーに火をつけてしまえばこっちのもの。IFはダイエットではなくライフスタイルなのだ。