Job Shop概要

Job Shop

Job Shop課題一覧

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

英辞郎 on the WEB Pro

Job Shop課題概要

英語以外の言語で書かれた書籍や、短期間で翻訳者を決定しなければならない案件などの翻訳者を選出するために、Job Shopを開催します。
原書の一部(分量は課題により異なります)を課題文として出題します。
会員専用の【マイページ】に掲載されたURL(メールでも同時配信)から課題文を確認し、翻訳。【マイページ】から訳文を登録すれば応募完了です。
Job Shopへご応募いただくには、トランネット会員登録(新規会員登録はこちら)が必要です。

新規会員登録画面へ

出題日 2015/12/01
締切日 2015/12/09
原題 Prisoners of Geography: Ten Maps That Tell You Everything You Need To Know About Global Politics
原著者 Tim Marshall
原書言語 英語
訳書言語 日本語
訳書名 恐怖の地政学――地図と地形でわかる戦争・紛争の構図
ジャンル 人文科学・政治・法律・社会・時事
ジャンル詳細 政治・行政・法律・国際関係・軍事・国際団体
原書出版社 Elliott and Thompson Limited
出版形態 紙書籍
募集内容 上訳
内容 なぜプーチン大統領はクリミア半島に固執するのか? 中国がアフリカで鉄道を敷設し、ニカラグアでパナマ運河に対抗する運河を建設する理由は? 昨今の複雑な国際政治の裏にあるものは、地理を分析すれば見えてくる。本書は世界10地域の地図を用いて、地理的要因が政治、軍事、経済に与える影響を分析しながら、歴史、宗教、人種、文化的背景も交えて現代社会を読み解いていく。
“Prisoners of Geography”というタイトルのとおり、国家権力を握る者は領土の地理的要因が課す制約から逃れることはできない。地理的要因は、国家が生存競争への恐れを抱き、資源や機会を得る欲望に駆られて、国土の安全、エネルギー源、水源、商用・軍事用海路の確保のために奔走する歴史を語るには必要不可欠であり、また、未来を読む手がかりにもなる。
国際ジャーナリストとして30年近く現場で培った経験と知識を駆使する著者の明晰さが光る本書は、国際情勢に興味を持つ読者、特に時間の限られたビジネスパーソンに格好の教養書。

(※課題文翻訳の際、内容説明の中で使われている語や文を訳文に反映する必要はありません)
分量 原書256ページ/日本語仕上がり約566枚(1枚=400字)を1名で翻訳
翻訳時期 2015年12月中旬翻訳開始。2016年4月中旬翻訳終了予定。
訳者名表示 あり
支払形態 買切り。翻訳料金は、出版社へ翻訳者として推薦する「翻訳者候補」に選出された方へ、出版社へご紹介する前に通知します。

第129回

応募受付中


こちらでは課題概要の一部を掲載しています。 課題概要の詳細と課題文はマイページへログインの上、ご確認ください。

JobShop結果

選定結果 匿名希望

一覧へ戻る