翻訳実績詳細

連載企画 Day to Day

連載企画 Story for you

株式会社トランネットTwitter

トランネット公式Facebook

English Websaite

JAPANESE WRITERS'HOUSE

出版翻訳の舞台裏Column

翻訳者 山田夏子 監訳 / 牧原ゆりえ、北見あかり 訳 / 翻訳協力 鴨志田恵
訳書名 場から未来を描き出す 対話を育む「スクライビング」5つの実践
原書名 Generative Scribing: A Social Art of the 21st Century
原著者 Kelvy Bird
原書言語 英語
訳書言語 日本語
ジャンル ビジネス・経済
ジャンル詳細 企業・経営・マーケティング・広告・インターネットビジネス・ビジネス自己啓発
訳書出版社 英治出版株式会社
訳書刊行日 2020/09/11
出版形態 紙書籍
販売サイト http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2279

言葉で問うのではなく、「描く」ことで、対話を深める―。

発言者の話す内容だけではなく、場のエネルギー、人と人との関係性、一人ひとりの感情をも、描き出すファシリテーションとは。
「言葉になっていない」ものが可視化されることで、人々の内省や当事者意識が促され、新しい洞察やビジョン、未来が生み出されていく。
U理論深化の一翼を担った著者が説く、新しい場づくりの実践。


一覧へ戻る